news202201_0108_title

【News】2022年1月週のニュース(HyperTest,2022年自動化テストツール)

皆さん、こんにちは。
あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今週もソフトウェアテスト、テスト自動化に関するニュース記事をご紹介していきたいと思います。
今回は国内、海外ニュース2記事をご紹介回したいと思います。

■記事内リンク

「国内ニュース」
テストプラットフォームHyperTestを発表

「海外ニュース」
2022年のトップ10QA自動化テストツール

■国内ニュース

□テストプラットフォームHyperTestを発表

news202201_0108_01
https://www.sanspo.com/geino/news/20220107/prl22010715160133-n1.html
こちらは、海外の企業である「LambdaTest」がSeleniumテストを実施サポートするテストプラットフォーム「HyperTest」を発表した内容となります。

◇Seleniumについて

Seleniumは、ウェブブラウザーの自動化をサポートするオープンソースプロジェクトです。
Seleniumを使用することで、ブラウザベースの各性能を手動ではなく自動でテストすることで時間を節約することができます。

既存の自動テストプラットフォームは、各テストで多くのネットワークホップが発生するため、もともと遅くなっていました。
従来のアプローチでは、作動したテストシナリオはまずSeleniumハブに送られ、最適なSeleniumノードで実行されるように順に計画されています。
この結果、多くのネットワークコンポーネントがプロセス全体に関与するため、不必要な遅延が発生します。
また、分離されたコンポーネントで複数のネットワークホップが発生すると、テストのばらつきが大きくなり、市場投入までの妨げとなるケースもあります。

◇HyperTestについて

HyperTestでは、テスト実行時のリアルタイムなコンソールログ、総構築時間を短縮するためのインテリジェントなテストのグループ化、成果物管理、自動レポート、失敗時の自動再実行などの機能が搭載されているようです。

公式サイトにアクセスしてみました。
https://www.lambdatest.com/hypertest

・クラウドベース
HyperTestでは、クラウドベースのテスト実行となっており、Hub等設定が不要で、環境構築の手間が省けるようです。

・各OS、言語に対応
Windows,Mac,LinuxOS環境の他、主要なプログラミング言語(Java,Node.js,Python,PHP,GO,C#,Rust,Rubyなど)とフレームワークのサポートがプリンストールされています。

・オーストレーション
テストのグループ化(テストスイート)して行うことができ、また過去のテスト実行データをもとに、障害が起きた場合の表面化を行い、開発者のフィードバック時間を短縮することができます。

・自動レポート
テストの実行時間、テスト結果など視覚的にわかることができるようです。

・価格について
Lite版であれば、制限はありますが無料で利用可能となっています。
また、基本的な料金としては、1か月あたり99ドル、無制限に利用できるプランが158ドルとなっています。
意外とリーズナブルな価格設定となっています。

HyperTestおよび、LAMBDATESTについてご興味のある方は、以下公式サイトにアクセスしてみてはいかがでしょうか。
https://www.lambdatest.com/

■海外ニュース

□2022年のトップ10QA自動化テストツール

news202201_0108_02
https://www.natureworldnews.com/articles/48813/20220106/top-10-qa-automation-testing-tools-in-2022.htm

こちらは、海外の「natureworldnews.com」に掲載されていた内容となります。
2022年に注目すべきテスト自動化ツール10選がピックアップされていましたので、ご紹介したいと思います。
今年からテスト自動化を始めてみるいいきっかけになると思います!

◇1. Selenium IDE

https://www.selenium.dev/ja/documentation/legacy/selenium_ide/
Selenium IDEを使用すると、開発者はテストを変更、記録、およびデバッグできます。
これは、開発者がテストケースを作成、管理、および作成するために、Webサイトまたはブラウザーを使用してアクティビティを文書化できるようにする記録ツールです。
当初はFirefoxの拡張機能としてリリースされました。

Selenium IDEは、UIコンポーネント、指定されたコンテンツ、フォーム送信、選択リストの選択、およびオンラインアプリケーション機能の存在を確認するための多数のコマンドを備えているため、Seleniumテストを作成するための便利なツールです。
Selenium IDEを使用してテストケースの欠陥を見つけて解決すると、ユーザーはブレークポイントと開始点を設定できるようになります。
ユーザーは、Rubyスクリプト、HTML、およびその他のさまざまな形式でテストを保存できます。
Selenium IDEを使用すると、Webサイトの相互作用に基づいてテストケースを自動的に記録できます。

◇2. Appium

https://appium.io/
オープンソースの自動テストツールであるAppiumは、モバイルアプリ専用に設計されています。
iOSおよびAndroidベースのハイブリッド、モバイル、およびネイティブWebアプリケーションの自動化をサポートします。
Appiumは、ベンダー提供の自動化フレームワークを使用するサーバーベースの自動化プラットフォームです。
インストールと使用は簡単です。
Appiumは近年人気と安定性が増しており、最高のモバイル自動テストソリューションの1つとしての地位を確立しています。
Appiumは、言語やテストフレームワークに関係なく、携帯電話アプリケーションを自動化できます。
このツールを使用してネイティブアプリケーションをテストする場合、SDKを使用したりプログラムを再コンパイルしたりする必要はありません。
WebDriverプロトコルは、Android、Windowsプログラム、およびiOSを駆動するために使用されます。

◇3. LambdaTest

https://www.lambdatest.com/
LambdaTestは、クラウドベースのクロスブラウザー自動化テストプラットフォームであり、手動および自動テストを実行して、WebサイトまたはWebアプリのブラウザーの互換性をチェックできます。
LambdaTestを使用すると、ユーザーは3000以上のブラウザーとオペレーティングシステムを介してクラウドで複数のテストを実行し、後の段階で解決するのが難しい欠陥、誤動作、またはバグを見つけることができます。
ユーザーは、さまざまなブラウザやOSシステムで、プライベートまたはパブリックのWebサイトやWebアプリケーションをリアルタイムでテストできます。
また、ユーザーは、さまざまなオペレーティングシステム、デバイス、解像度、およびブラウザーでWebサイトのフルページのスクリーンショットを撮ることができます。

◇4. TestComplete

https://smartbear.com/product/testcomplete/overview/
TestCompleteは、モバイル、オンラインアプリ、デスクトップのテスト自動化に人気のあるソリューションです。
VBScript、JavaScript、Pythonスクリプト言語に加えて、データ駆動型テスト、キーワード駆動型テスト、分散テスト、回帰テストなどのテストアプローチをサポートし、その強力な機能により、機能的なユーザーインターフェイステストを作成および実行できます。
この自動テストツールは、SmartBearブランドの他の製品と簡単に接続することもできます。
スクリプトは、この自動化テストツールで簡単に再利用でき、コード行を作成せずに広範な自動テストスクリプトを生成できます。
このテストツールの再生およびビジュアルレコード機能は、非常に簡単に使用できます。

◇5.Kobiton

https://kobiton.com/
モバイルテストソリューションであるKobitonは、スクリプトレスの自動化機能を使用して、開発者とテスターがモバイルアプリケーションをより迅速にデプロイおよびテストできるようにします。
テストプロセスを簡素化し、モバイルアプリケーションの配信と開発を加速します。
モバイルアプリの開発者に、実際のモバイルデバイスでの手動および自動テスト、複数のデバイスでのアプリケーションのテスト、ハイブリッドおよびクラウド環境でのオンプレミスでのアプリケーションのテストなど、多くの機能を提供します。
Kobitonを使用すると、実際の状況でモバイルアプリケーションをテストできます。
これにより、実際のモバイルデバイスと最新のプラットフォームでアプリとWebアプリケーションを実行できるようになり、本物のユーザーエクスペリエンスに基づいたより良い結果と洞察が得られます。

◇6.Testim

https://www.testim.io/
Testimを使用すると、開発者は、コード化またはコードレスの信頼性の高いカスタマイズされたテストを構築および公開できます。
人工知能を利用して、テストケースの復元力を高め、複数の種類のブラウザーでテストクラウド上で並列テストを実行し、有益なバグ/障害レポートを生成して公開します。
Testimは、初心者と経験豊富なユーザーの両方を対象に設計されており、技術者以外のメンバーでもコードフリーのテストを開発できます。
私たちの評価基準によると、優れたカスタマーサービスは有効性スコアをさらに向上させます。
このテストソリューションの主な欠点は、画像の検証(ピクセルレベルの検証)がネイティブ機能ではないため、サードパーティのソリューションを使用して使用する必要があることです。
フリーミアムバージョンでは、Testimは月額$ 450から始まる月額1000回の実行を提供します。

◇7.Katalon Studio

https://www.katalon.com/
Katalon Studioは、Web、デスクトップ、API、およびモバイルアプリケーションをテストするための専用IDEインターフェイスを備えた自動テストソフトウェアパッケージです。
これは、SeleniumおよびAppiumのオープンソース自動化フレームワークに基づいて作成されています。
記録および再生機能に加えて、オブジェクトリポジトリ、カスタムキーワード、およびテストケースを管理するための組み込みテンプレートがあります。
また、テストアーティファクトの交換とSSLクライアント証明書を介したクエリの配信も可能になります。プライベートプラグインはケーキのアイシングです。

Katalonは、コーディングせずに自動テストスクリプトを作成して再利用できるように設計されています。
Katalon Studioを使用すると、ポップアップ、待機時間、iFrameなどのUIコンポーネントの自動テストが可能です。
このツールは、Microsoft Windows、Mac OS X、およびLinuxでも動作します。

◇8.Cucumber

https://cucumber.io/
BDD(ビヘイビア駆動開発)ソフトウェアアプリケーションであるCucumberは、正規言語アナライザーであるGherkinを搭載しています。
テストを自動化し、サンプルテーブルを使用してエンドツーエンドのテストフレームワークを提供します。
簡単な英語のフレーズでコーディングできるため、エンドユーザーエクスペリエンスに重点を置き、ビジネス言語と技術言語の間の架け橋として機能します。そのテストスクリプトの設計により、コードの再利用が可能になり、仕様とテストドキュメントの両方として使用できるドキュメントが提供されます。
キュウリの人気は、競合他社のフレームワークよりも優れているために高まっています。
Watir、Seleniumなどの他のコンポーネントとブレンドできます。Cucumberは、Net、Python、Perl、PHPなどのさまざまな言語をサポートしています。}

◇9.IBM Rational Functional Tester(RFT)

https://www.ibm.com/products/rational-functional-tester
IBM RFT(Rational Functional Tester)は、回帰および機能テスト用の自動化ツールです。
データ駆動型テスト、および記録とテストスクリプトがすべて利用可能です。
IBM RFTは、ストーリーボードテスト用に自然言語と生成されたスクリーンショットを使用して、テスト中のチームコミュニケーションをサポートします。
また、ターミナルエミュレータやWebベースのアプリでデータをより早く特定できます。
Rational Functional Testerを使用すると、開発チームはキーワード関連のスクリプトを作成できます。
これらのスクリプトは繰り返し再利用できるため、効率が向上します。
IBMRFTのEclipseJava Developer Toolkitエディターを使用すると、Javaでのテスト・スクリプトの作成が簡単になります。
コードの完了を自動化し、堅牢なデバッグツールが含まれています。

◇10. QAWolf

https://www.qawolf.com/
エンドツーエンドのテストは、QAWolfによるソフトウェア開発のプロセスで作成、維持、統合されます。
これにより、パラメトリックベースのテストを実行できます。
トラブルシューティングを容易にするために、ログ、ビデオ、およびコード障害の正確な年表を提供します。
ブラウザで直接デバッグしているときに、特定のコードを再実行する機能を提供します。
並列実行が可能です。
QAWolfはUnicodeとも互換性があります。
テスト結果にアラートを送信できるように、統合を追跡します。
これは、チーム全体のエンドツーエンドのテストソリューションであり、簡単、迅速、かつ無料です。
QA Wolfを使用すると、ユーザーはブラウザーで直接テストを作成し、チームメンバーとリアルタイムで対話できます。
テスターは、テストリンクを共有し、チームメイトをテストダッシュボードに招待することで、テストの設計と保守に協力できます。

◇まとめ

バグのないソフトウェアのようなものはありません。
理想的な戦略は、プログラムを広範囲にテストし、発見された欠陥を修復することです。
そのためには、経験豊富で認定された専用のソフトウェア品質保証テスターが必要です。
自動化テストテクノロジーとツールの選択は、シームレスな結果をもたらす高品質のソフトウェアという1つの目標を念頭に置いて、ビジネスニーズに完全に依存しています。

■最後に

今回は、国内ニュース2記事を取り上げてみました。
次週も、ソフトウェアテスト、テスト自動化に関するニュースをご紹介したいと思います。

最後まで見て頂き、ありがとうございました。

 

あなたの仕事が一瞬で片付くPythonによる自動化仕事術 | 大人気 Youtube「キノコード」と連動して学習可能

あなたの仕事が一瞬で片付くPythonによる自動化仕事術 | 大人気 Youtube「キノコード」と連動して学習可能詳細はコチラをクリック!

iOSアプリ開発自動テストの教科書 〜XCTestによる単体テスト・UIテストから,CI/CD,デバッグ技術まで

iOSアプリ開発自動テストの教科書 〜XCTestによる単体テスト・UIテストから,CI/CD,デバッグ技術まで詳細はコチラをクリック!




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
news202201_0108_title
最新情報をチェックしよう!

SusakiWorks

SusakiWorksでは、ソフトウェアテスト、テスト自動化、業務効率、ビジネスに関する書籍、国内外のソフトウェアテストに関するニュース記事などをご紹介しています。ソフトウェアテストやQCに関する情報発信、および意識向上を推進していきます!